マナカード・古代ハワイ文化のことなら、Lokelani.H.C.L(ロケラニ)にご相談ください

Column

コラム

2015/04/19

今度はカプ!夜ハワイ第31夜(30)

KAPUとは

{526B1984-4478-4EFF-8159-D7459AE7346D:01}

ポリネシア語ではTABUとなり

行動の制限や禁止事項のことです。
古代ハワイは古代ゆえ
全て神ありき、で
考えられていました。
神様とは
人がコントロールできないものなので
なんとかご機嫌よく
過ごしていただきたい。
そのため
神に触れないように
定められたものがカプでした。
カプ破りは
死罪!
カプを守ってこそ
マナ=ここでは命?
の維持が可能だった訳です。
マナの多い食べ物を食べることや
マナのある場所への立ち入りは
ランクや性別によりカプ
サーフィンは王族の遊び
と聞いたことがあるかもしれませんが
サーフィン自体は
誰でもできました。
{EF7ED383-5999-4142-BBB0-2C8FE2F76F03:01}

ただ、王族が波乗りを楽しむ場所と

一般民が波乗りできる場所が違いました。
良い波=マナのある場所!
当然王族優先です。
男女のカプは
王族でもきっちり守ります!
例えば
男女一緒に食事をすることはカプですし
女性は特に
男性に比べて
圧倒的に食べられるものが
少なかったのです。
 

{70ED8712-64B6-4547-8DC0-9D97A5E87240:01}

それもこれも

子供がうめる女性は
もともとマナが多いとされたので
神に触れて災いが起きないように、
という配慮から
だったとしても
理不尽じゃない?
{A0C406E0-D538-44FF-A04C-B2EF685C4262:01}

ちなみに

食事の用意は男性がしました。

前の記事 :
次の記事 :

一覧に戻る

最新記事ARTICLE

マナカードのセミナー・講座など
ハワイのイベントの
ことならご相談ください

お電話でのお問い合わせ

受付時間:9:00 ~ 18:00

080-3610-7034

メールでのお問い合わせ

メールフォームはコチラから

CONTACT US

お気軽にお問い合わせください マナカード・古代ハワイ文化のことなら、Lokelani.H.C.L(ロケラニ)にご相談ください

Lokelani.H.C.L(ロケラニ)

〒458-0823
愛知県名古屋市緑区太子3丁目11番地の3

TEL 080-3610-7034

LINE@ bdr7016x

お問い合わせはコチラ